■リクルートカード まとめ
※2018年4月16日より各電子マネーのチャージに対するポイント付与が利用金額の合算で月間3万円までとなりました。

リクルートカードはポイント1.2%の高還元率で有名ですね。
簡単にまとめてみました。
リクルートカード

ポイント還元率1.2%
ブランドVisaMasterJCB
年会費無料
家族カード無料
ETC新規1000円、年会費無料無料
ポイント有効期限最後の加算から12ヵ月
チャージ可能
電子マネー
nanaco、楽天Edy
モバイルSuica、SMART ICOCA
nanaco
モバイルSuica
ポイント付与対象
電子マネー
全て(2018年4月16日より各電子マネー合計で
月々3万円までに対して付与)
チャージ可能
プリペイドカード
au WALLET-
ポイント付与対象
プリペイドカード
au WALLET(auかんたん決済 経由の場合のみ)-
旅行損害保険海外旅行 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行 最高1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険国内・海外 年間200万円

リクルートカードといえば、電子マネーのチャージでも1.2%のポイントが付与されるということで、nanaco等にチャージして利用している方が多いと思います。

2018年4月16日より月々3万円までしかポイントが付与対象ではなくなりました。
【重要なお知らせ】 リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について
それでも十分お得なカードには変わりありませんね。

■ポイントの利用方法
リクルートサービスで使う
 じゃらん、ポットペッパー、ポンパレモール などのリクルートサービスで利用する。

Pontaに交換
 リクルートポイントはPontaポイントに1対1で交換できますので、ローソンなどの提携店舗で利用するか、Pontaポイントから他のポイントに交換して利用することになります。

いずれかのサービスを利用する方にはお得なカードとなります。

■私のリクルートカード利用法
ほぼnanacoへのチャージ専用になっています。
nanacoは税金の支払いなどにも利用できることで有名ですが、私も固定資産税の支払いのために利用してます。

また、少し前までauガラケーの支払いに利用しており、auかんたん決済でのau WALLETプリペイドカードへのチャージに利用していました。
クレジットカードのポイントとau WALLETのポイントで1.7%還元カードとして利用していましたが、現在はDC jizileカードを利用してau WALLETへチャージし約2%還元で利用しています。